スマートフォン解析 しんみりと感じる春の朝4thTimeAroundΣハッ!この朝何回繰り返してる? | マクドナルドBGM

しんみりと感じる春の朝4thTimeAroundΣハッ!この朝何回繰り返してる?

しんみりと感じる春の朝4thTimeAroundΣハッ!この朝何回繰り返してる?

台風のような豪雨も抜けまた寒い朝。今日のマクドナルドBGMは

Fourth Time Around/Yo La Tengo(ヨ・ラ・テンゴ)

三寒四温だし。頑張るし!タイトルがぁ、タイトルがぁぁぁ!!(ムスカ)
(つД⊂)ぁぁぁ

スポンサーリンク
mhx_336x280

Fourth Time Around/Yo La Tengo(ヨ・ラ・テンゴ)

マクドナルドBGMで流れていたFourth Time Aroundはこれですねたぶん。

Yo La Tengo – Fourth Time Around

ふむ。

Yo La Tengo(ヨ・ラ・テンゴ)

こちらはちゃんとwikiにも出てたです。

ヨ・ラ・テンゴ (Yo La Tengo) は、アメリカのオルタナティヴ・ロックバンド。1984年にニュージャージー州ホーボーケンにて結成。当初はアイラとジョージアの二人組だったが、1990年にジェイムズ・マクニューが加入した。

バンド名のヨ・ラ・テンゴは、メジャーリーグでの逸話に由来する。1962年、ニューヨーク・メッツでセンターを守っていたリッチー・アッシュバーンは、ショートのエリオ・チャコンと外野で衝突することがあった。これはチャコンがベネズエラ出身で英語を話せず、意思の疎通が図れないためであった。そこで、チャコンのためにアッシュバーンはスペイン語で”¡Yo la tengo!(俺が取る!) “と叫ぶようにし、チャコンとの衝突を免れることができた。しかしある時、油断したアッシュバーンはスペイン語を話せないレフトのフランク・トーマスとぶつかってしまった。起き上がったトーマスはアッシュバーンに “What the heck is a Yellow Tango?(イエロー・タンゴって何だよ?)”と尋ねたという。
[wiki]

だそうです。ちゃんとオチのついたアメリカンジョークになってますw。

バンド名が英語じゃなかったワケがわかりましたね。いや、なぜその名前にしたのかはわからないですか・・・。そうか。

たぶんディラン先生のトリビュートアルバムみたいなのの一曲じゃないかなーと。ジャケットでそんな印象をうけました。詳しくは・・・割愛させていただきます♪
(ゝω・)v

4th time aroundとノルウェーの森友学園問題

このFourth Time Around、4回目の周期と訳すんですかね、原曲があります。

原曲はみんな大好き?ディラン学の始祖ボブ・ディラン先生。

4th time around, music and lyrics written and performed by Bob Dylan

はいー。ここできになりましたね。ビートルズをかじった事のある方ならお気づきでしょう。というかある想いが頭をよぎったはず!

ノルウェーの森に似てね?と・・・

The Beatles-Norwegian Wood

おんなじやでーw。

この件についてはいろいろとあるようなので、気になる方はググレカス!
m9っ`∀´)ケケケ

【追記】
とは言ったものの、気になって調べてしまいましたw。

ノルウェーの森ですらない?

どうやらこのビートルズの「ノルウェーの森」原題が「Norwegian Wood」ノルウェージャンウッド。これってつまりはノルウェーの木材ってこと。けして森とは訳せない代物らしいです。

で、歌詞の内容はというと

あるとき女の子をひっかけて、彼女の家に行ったお。ヤれそうだったんだけどダメだったから、腹いせに火つけたった♪

おぃぃぃぃ!愛の伝道師ビートルズ様がこんなんでいいのかぃwww。
( ゚∀゚)9コラ

そんで端折っちゃったですが、その彼女の部屋がノルウェージャンウッド的な感じでしたと。そういう歌です。ホントかw?

サー・ポールマッカートニー曰く

ピーター・アッシャーは部屋の内装をすっかり木造にしていたよ。多くの人が木材で部屋を飾り付けていたんだ。ノルウェー産の木材、松の木のことだよ。安物の松材さ。でも「安物の松材」じゃタイトルにならないだろ?

※ピーター・アッシャー
(フォークデュオ「ピーター&ゴードン」のメンバーで当時のポールの恋人ジェーン・アッシャーの兄)

当時の流行りだったのか、部屋の内装をノルウェーの木材、つまり松の木で揃える風潮があったとかでして、これはイギリスの労働者階級でのはなし。

そこから、これはそんなに裕福ではない娘を表しているという説があるみたいです。ふーん。

Fourth Time Aroundはアンサーソング?

まぁ、このようにジョンの作った「ノルウェーの森」はつまり

ジョン「このまえこんな女がいだんだけどさ・・・マジ勘弁www」

ポール「まぁ最後には火つけてやったんだけどナ♪」

的な歌でしたと解釈されているみたいです。(適当)

それに対し、ボブ先生

ディラン「おれもこんなんあったで、もう4回目や・・・」

という受け答えになってるとか。なってないとかとかw。それでわざわざ3拍子の似た曲にしてきたって話もあるみたいですが、どこまでホントかは・・・お察しですねw。

他にも曲中に

「俺はお前の股(crutch=「支え、松葉杖」)なんか求めなかった。だからお前も、俺の支えを求めるな」

というくだりがありまして、それがジョンに対するメッセージだって説もあります。

うーん、そんなにジョンはディラン先生にベッタリだったんでしょうか?深読みしすぎじゃないですかねぇ・・・。

そしてノルウェーの森友学園を調べていくと、村上春樹せんせいの話にそれて逝きます。その絡みの記事が無限に出てきて正直萎えますw。

ちなみにわたしは春樹より龍、圭吾より有栖・行人派です。どれも面白いですケドね。

と、まぁ調べると限りなく色々でてくるので面白いですよ~♪(無駄な時間の使い方ですがw)
(ゝω・)b

Fourth Time Around/Yo La Tengo(ヨ・ラ・テンゴ)まとめ

ヨ・ラ・テンゴ (Yo La Tengo) は、アメリカのオルタナティヴ・ロックバンド。1984年にニュージャージー州ホーボーケンにて結成。

コピペで終了ですかねー。残念ながらわたしの心に触れることはなかったと。

そんな冷めた朝もあるですよ。
(´・ω・`)なぁ?

Rating: 5.0/5. From 1 vote.
Please wait...
スポンサーリンク
mhx_336x280
mhx_336x280
スポンサー



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする